車の塗装にはどんな方法があるか説明します

車の塗装が剥げてしまったりしたときは、修理に出すなどしてきれいな状態にすることになりますが、修理に出すとなるとその分の時間がとられるだけでなく、少なくない費用が掛かることになります。車の塗装が剥げている部分が、全体的にあれば修理に出した方が確実で簡単なことになりますが、ドアやボンネットなど一部分である場合には、自分で修理した方が安く上がることになります。しかし、車を塗装することは、大半の人は経験することがないものになるため、どのような方法があるのかを事前に知っておくことが大切になります。知識があるのとないのとでは、仮に自分で行うにしても間違った方法で行うことを防ぐことができ、失敗することも少なくすることができるので、知っておきましょう。

サンドペーパーで削ることから始める

車を塗装するときは、塗装されているところにそのまま塗料を塗っても綺麗に塗れることはありません。これは、塗料は細かい粒子でできているので、その粒子が凹凸に入り込んで密着する必要があります。しかし、車の塗装されている面では、表面がコーティングされており塗料が入り込む隙間がないので、まずはサンドペーパーで削り、傷などを平らにならしていきます。この時に、サンドペーパーだけでは平らにできない部分があるので、その場所にパテを入れます。パテが乾燥したらさらにサンドペーパーで削り、形を整えていきます。その後、プライマーを数回に分けて吹きかけ、乾いたら塗った部分と塗らなかった部分の段差がないように、研ぎあげます。ここまでが下地の準備であり、重要な部分であるので、きちんと行いましょう。

塗料を塗る方法は主に二つあります

DIYで車の塗装を行う際に、塗料を塗る方法は大きく分けて二つで、缶スプレーを使用する方法とスプレーガンを使用する方法があります。缶スプレーを使用する際のメリットは、塗る場所が多くなければ一本で済ますこともできてとても経済的に行うことができる点になります。しかし、缶スプレーは、スプレーガンに比べて霧化が劣り塗料の出方も安定しません。そのため、40度程度のぬるま湯で温めてから使用するなど、綺麗に塗るにはひと手間加えなければいけません。スプレーガンで行う場合には、エアーが重要なものになり、コンプレッサやスプレーガン以外にもエアサブタンクやエアトランスフォーマー、簡易型フィルターなどが必要となり、所有していない場合はそろえる必要があるため、費用が高くついてしまいます。

車の修理って高い!いままで常識を覆す、安心の均一料金体系。 一目瞭然の料金体系!車体の色の違いによる割増料金は一切ありません。 薄利多売がモットーです。たくさんのお客様にご利用いただくために努力は惜しみません。 車の修理・板金塗装会社のサービス概要は、土・日・祝日も営業し、見積りが24時間受付で、出張引取り及び納車を無料で提供することです。 車の塗装おまかせください|池内自動車